広告

医大を出て、無事就職したけれど、給与に不満があるから転職したいけれど、新しい就職先が見つかるか不安だから転職しない方が増えているようです。

1番の原因が就職の斡旋事業が医師の場合限られてるという点で免許を取ってそのまま就職して永久就職の方が多いです。しかし、どうしても引越しがあったり

職場環境の悪化などで転職せざるおえないことがあります。その場合、インターネットで転職を見つけてみるのが一番いいです。

地方に在住の場合、大阪や東京までいかないと斡旋してもらえないと思い込みがちですが今の時代はインターネット一つで斡旋してもらえます。

パソコンなんていらない スマホだけで大丈夫です。スマホ一台があればどんな場所にいても、免許さえ持っていれば斡旋してもらえます。

医師免許は一生物。だからよい環境で働きたい そう考える方が増えています。

また地方は東京に比べて人材が不足してるので給与が医師の場合少し高いです。

人材確保のために大阪や東京よりも多く給与を渡して、きてもらってるようです。

年収1000万とか夢じゃないみたいで、働き甲斐がある上給与も高いならば地方へ引越ししてみようと思ってる東京の方も増えています。

住む場所と働く環境と着るものとたべものがあれば、どこに行ったって、免許があれば大丈夫と言えるので、給与が高い地方へ引っ越しても良さそうです。

医大を出て免許取得した頃は、キャリアを重ねることと、働くことが多くて余裕がなかったけれど、独立したという方も増えています。

独立した方の初期の頃はアルバイトもしながら、生計を立てる場合も少なくありません。医師のアルバイト探しに斡旋事業に登録してみるケースも多いです。

自分の目的にあった職場探しをして見ましょう。